前へ
次へ

不動産の維持にかかる費用を知る

土地や建物などの不動産は価値の高い財産ですが、活用せずに所有しているだけでも維持費は発生します。
不動産を持っている人は年間にどれぐらいの維持費が必要なのかも知っておきたいところです。
まず毎年発生する費用に固定資産税があげられます。
都市部であれば都市計画税も発生することは知っておきましょう。
さらに土地や建物を管理する費用やメンテナンスの費用も発生します。
建物は古くなると傷みも増えていきますがマンションの場合は毎月修繕積立金が徴収されることになりますのでもしもの際には活用できます。
これに対して一戸建ての場合はそうした徴収がありませんので、修繕費用などは自分で貯めておく必要があります。
さらに家を所有している場合は火災保険などの保険料や水道や電気代の光熱費も支払っていきます。
長く使っていない空き家や土地を持つ人もありますが、使わなくても固定資産税や管理費などの費用は発生しますので有効な活用方法も考えていきたいところです。

Page Top