前へ
次へ

不動産購入と住宅ローンに関して

約1割前後の人は、不動産を購入する際、ローンを組まないというデータも出ています。
しかし、大多数の人は住宅ローンでお金を借りて不動産を購入しますが、契約先を決める時は金利に着目するのが肝心です。
損得勘定だけでなく、金利が低ければ総支払い額も下がるため、より多くのお金を借りられるようになるからです。
つまり、予算をちょっぴりオーバーするけど是非欲しい不動産を見つけた時は、金利の低い金融機関や商品を選ぶことで、射程圏内に捉えられるかもしれません。
そして、無事に住宅ローンを組めた場合は、その借入額をカバーできる生命保険に加入することも大切です。
とはいえ大半の住宅ローンには団信がセットされているので、その場合は別途生命保険に加入しなくても、不動産の借入金はカバーできます。
団信と略称で呼ぶと何のことだか分かりにくいですが、これは団体信用生命保険であり、立派な生命保険です。
なので債務者が亡くなりますと、残りの住宅ローンは保険で全て支払われ、遺族にはローンが終わった状態の不動産が残ります。

Page Top