前へ
次へ

賃貸の不動産物件での途中の費用

アパート、マンション、一戸建てなどの賃貸の不動産物件を借りる時には最初に敷金、礼金、仲介手数料、前家賃などの費用がかかります。
一般的に家賃の5~6か月分になります。
借りる時に賃貸契約を結びますが、その契約が基本的には2年になります。
契約にもよりますが契約が自動更新、再契約更新のパターンがあります。
後者の契約更新の時にかかる費用が契約金です。
一般的には家賃の1ヶ月分になりますが、その時に火災保険の更新、仲介手数料が必要になります。
契約時に書類を確認するのがいいでしょう。
契約更新は契約が切れる1ヶ月前に案内があります。
途中の費用になりますが、準備が必要になります。
また、契約にもよりますが設備の故障の時の修理費用の負担です。
入居者の過失による破損は当然、入居者側の負担になりますが、経年劣化などですとどちらが費用負担するのかその負担割合など細かくは契約書に記載されているかと思います。
しっかり確認するのがいいでしょう。

Page Top