前へ
次へ

不動産に投資する際の金利の種類の重要性

金融機関より融資を受け不動産に対して投資をするケースで、融資そのものが変動金利であるのか固定金利であるのかしっかりと確かめましょう。
仮に変動金利の場合、金利上昇に関連する負担増のリスクがあります。
したがって、プランどおりに返せなくなる危険性があります。
それに対し、固定金利の状態にすると金利が低下しても金利下落に関連する恵みを受けることはできません。
現在において金利は低い水準にあると言えます。
固定金利のメリットは低い水準で計画性のある返済が可能ということにあります。
それに対し、変動金利については固定金利に比べて低く決められる傾向があり、将来的に一層金利水準がダウンするか、上昇がそれほど大きくならないなら、変動金利のほうが利息の総額は小さくなるでしょう。
加えてローン契約を実施する金融機関も注意深く選ぶと良いでしょう。
政府系統の金融機関のローンは金利が安いですが、限度額や担保物件の評価により金利が動きを見せます。

Page Top